マイケル・ゴードン

パートナーシップ・アドバイザリー・ボード議長

アンジェロ・ゴードンのパートナーシップ・アドバイザリー・ボード議長。1988年にジョン・アンジェロとアンジェロ・ゴードンを共同設立し、当社の特色である徹底した調査に対する責任を負うリサーチ部門を監督。直近まで、最高経営責任者(CEO)兼共同最高投資責任者(Co-CIO)として当社の経営を統括し、Co-CIOであるアダム・シュワルツ、ジョシュ・バウムガルテンと共に全ての戦略における多様な投資アイデアを管理し、リスクとその対価を適切なバランスに保った。1970年にL.F.ロスチャイルドにて、石油および石油サービス業界担当のリサーチアナリストとしてキャリアをスタートさせ、裁定取引部門における投資調査のディレクターを務めた後、同社のマネージング・ディレクターとなった。

デイモン・ラニオンがん研究財団の取締役会メンバー、コルビー大学およびボストン交響楽団の理事。コルビー大学卒(B.A.)、ボストン大学ロースクール卒(J.D.)。

戻る