アンジェロ・ゴードンのミドルマーケット・ダイレクトレンディングチームは、当社が長年手掛けるクレジット審査経験を礎としています

アンジェロ・ゴードンは、ミドルマーケット・ダイレクトレンディングを専業とする子会社Twin Brook Capital Partnersを通じて、北米ミドルマーケットのプライベート・エクイティ・コミュニティに、キャッシュフローを裏付けとした融資を行っています。アンジェロ・ゴードンの柔軟性により、EBITDAが300万米ドルから5,000万米ドルの企業に対し、LBOや資本増強、追加買収、成長資本、その他オーダーメイドな金融ソリューションの提供が可能となります。当チームは、LTV40%から55%を目標とし、第一順位抵当権を有す担保付優先債務に焦点を当てていますが、オポチュニスティック型投資として、シニアファイナンスを多く組み込んだ上で第二順位抵当権や資産担保証券、ユニトランシェ・ローン、メザニン・ローンにも取り組みます。