アンジェロ・ゴードンは2005年にアジア地域への投資を開始し、100億米ドル相当の物件を取得しています

当戦略はアジア全域を対象としており、特に日本、韓国、香港、中国、シンガポールに重点的に投資しています。東京、ソウル、香港の各拠点には、現地市場に精通した不動産専門家が揃い、米国拠点の運用会社の中でも、アジア地域で活発に投資を行う有数の投資家です。アジアの多くの市場において、主に不動産運用に対する専門性の欠如や流動性の不足、ディストレストにより生まれる事業再生の投資機会に着目しています。また、ノンパフォーミング債権やディストレスト化した不動産物件の取得も行います。こうした物件は、売却プロセスが非効率で、売主が手元資金を必要とすることなどを理由に、割安な水準にあります。アジア全域を対象とした投資アプローチにより、異なる不動産サイクルにある多様な地域市場から、リスク調整後の最適な投資機会を選択することが可能となります。当社の他の不動産戦略と同様に、アジア地域の有能な現地オペレーティングパートナーとの事業提携を実施しており、55を上回る現地パートナーのネットワークを構築しています。アンジェロ・ゴードンの大きな強みは、顧客の投資リスクを最低限に抑えながら、アジア地域への膨大な投資機会の参入を提供できることであると考えています。