いかなる地域でどのような資産を取得しようとも、アンジェロ・ゴードンの目標は価値の創造にあります

アンジェロ・ゴードンは1993年に商業用不動産への投資を開始し、以来グローバルに420億米ドル以上の物件を取得しました。幅広い地域や種別の不動産を対象にアンダーパフォームしている物件を取得し、バリュー・アッド型の手法を通じて価値を向上させてきました。これらの物件は収益性が低下していることや資産として複雑なこと、また売却プロセスが非効率であることから、多くの場合、割安に放置されている点が特色です。

当社の価値創造は、稼働率やテナントのリース状況の改善、物件のリノベーションといった緩やかな手法から、物件の大規模リポジショニング、用途変更、場合によっては新規開発などのより徹底した手法まで、多岐にわたります。

アンジェロ・ゴードンは現地のオペレーティングパートナーと協働し、グローバルに投資機会を追求し、アンダーパフォームしている物件の価値を向上します。資産運用に対する知見に加え、ビジネスプランの遂行能力の高さにおいても、パートナーから高い評価を得ています。

当社のバリュー・アッド型の取り組みは周到に考え抜かれ、これまで29年以上にわたり650件以上の投資案件を実行し、あらゆる景気サイクルにおいてグローバルに投資機会を発掘した経験を有します。

グローバル不動産運用チームは、物件の取得、ファイナンシング、リース、施工管理、物件の譲渡を含む、投資運用・資産管理に関するあらゆる側面において、豊富な経験を携えます。これらの実践的な運用実績は、物件の取得や資産価値向上の実現にとって、極めて重要であることが実証されています。


米国不動産

アンジェロ・ゴードンは1993年に米国不動産投資を開始し、これまで250億米ドル相当の物件を取得しています。

  1. 詳細

アジア不動産

アンジェロ・ゴードンは2005年にアジア地域への不動産投資を開始し、100億米ドル相当の物件を取得しています。

  1. 詳細

欧州不動産

アンジェロ・ゴードンは2009年より欧州不動産投資を行い、50億米ドル相当の物件を取得しています。

  1. 詳細