アンジェロ・ゴードンは1993年に米国不動産投資を開始し、これまで250億米ドル相当の物件を取得しています

アンジェロ・ゴードンは米国各地で不動産運用を手掛けており、特に上位20都市に力を入れています。キャッシュフローの増加やアンダーパフォームしている物件の稼働率安定化を目的に、軽度のバリュー・アッド(ライト・バリュー・アッド)から大規模なバリュー・アッド(ヘビー・バリュー・アッド)まで、価値を創造するための戦略を幅広く展開しています。通常、キャッシュフローの改善および物件価値の向上に必要な資本力や持久力または専門知識が不足する所有者から物件を取得します。市場に出回っていないオフマーケットの取引であること、売主が十分な情報を有さず買手が主導権を握る状態になること、また、当社の独創的な物件改修の手法を他社が持ち合わせない点などから、不動産市場には著しい非効率性が存在すると考えます。

当社は、米国各地を地域別に担当する25名以上の不動産投資の専門家を擁し、80を上回る各地域のオペレーティングパートナーと連携し、不動産投資案件のソーシングおよび不動産価値の向上に取り組んでいます。不動産ビジネスは地域に根付いた事業であると捉え、再取得価値を下回る水準での物件の取得および売却を実行すべく、オフマーケットでの魅力的なリスク調整後の投資機会を見出せるよう努めます。また、当社は保守的な借り入れを活用しており、過度のリスクをとることなく、投資活動を実行しています。