アンジェロ・ゴードンは2009年より欧州不動産投資を行い、50億米ドル相当の物件を取得しています

当戦略は欧州全域を対象とし、特に英国と西ヨーロッパ地域の主要都市に着目しています。ロンドン、アムステルダム、フランクフルト、ミラノの各拠点で不動産専門家が活躍しています。

通常、キャッシュフローの改善および物件価値の向上に必要な資本力や持久力または専門知識が不足する所有者から物件を取得します。市場に出回っていないオフマーケットの取引であること、売主が十分な情報を有さず買手が主導権を握る状態になること、また、当社の独創的な物件改修の手法を他社が持ち合わせない点などから、不動産市場には著しい非効率性が存在すると考えます。

当社は、50以上の現地オペレーティングパートナーと連携し、投資物件のソーシング、低稼働物件の収益改善および大幅な価値向上に取り組んでいます。また、銀行、債権回収会社、破産清算人および不動産所有者との密接な関係を活かし、多くの物件を非公開に取得しています。